推荐使用IE9以上版本或非IE内核的浏览器。IE浏览器请取消兼容性设置,非IE内核浏览器也无需使用兼容模式。
您当前的位置:首页学术动态详细文章 背景色:
字体大小:放大 缩小 原始字体
髙村武幸編《周緣領域からみた秦漢帝國》出版
在 2017/10/13 14:38:17 发布

髙村武幸編《周緣領域からみた秦漢帝國》出版

 

髙村武幸先生編的《周緣領域からみた秦漢帝國(從周緣地區看的秦漢帝國)》於20179月由[東京]六一書房出版,本書平裝16開,共227頁。

 

封面

 

目錄

前 言…………………………………………………………………………………… 1

 

第一部 秦の周縁領域

戦国秦の国境を越えた人びと

 ―岳麓秦簡『為獄等状』の「邦亡」と「帰義」を中心に―…………渡邉英幸 3

秦代県下の「廟」

 ―里耶秦簡と岳麓書院蔵秦簡「秦律令」にみえる諸廟の考察―……目黒杏子 25

 

第二部 漢代西北部周縁領域の考察

漢代酒泉郡表是県城を探して―草溝井城調査記―………………………廣瀬薫雄 45

漢代肩水地区A32所在機関とその業務関係

 ―肩水金関と肩水東部を中心に―………………………………………青木俊介 65

前漢後半期以降の河西地域に対する物資供給

 ―漢代辺郡の存在意義を考える手がかりとして―……………………髙村武幸 113

 

第三部 周縁の地域社会とその構成員

漢代フロンティア形成者のプロフィール

 ―居延漢簡?肩水金関漢簡にみる卒の年齢に着目して―……………鈴木直美 137

公孫述政権の興亡―両漢交替期地域政権の一事例―……………………飯田祥子 173

終の棲家―女性の帰属に関する試論―……………………………………鷲尾祐子 197

 

後 記…………………………………………………………………………………… 225

 

 

 

 



分享到:
学者评论

Copyright 2008-2018复旦大学出土文献与古文字研究中心版权所有 沪ICP备10035774号 地址:复旦大学光华楼西主楼27楼 邮编:200433 

 感谢上海屹超信息技术有限公司提供技术支持 

總訪問量:516977